03
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまりにも早すぎる別れ

 

読んだら辛くなる方もいるかもしれないのでご注意ください

 

 

2016年6月18日(土)

 

特に発作もなく朝をむかえる事ができました

私もルチルも寝れたのかよくわからない…

早朝ルチルのベッドにルチルがいない事に気づく

 

ルチル!どこ?って見渡したら

ジャスパーのハウスの中でジャスパーのベッドで寝てました

(ルチルのハウスは扉の前に寝かせてたのでしめてた)

 

昨夜は動けなかったのに動けるようになってる!と安心した

ジャスパーは部屋を追い出されたのか譲ったのかわからないけど

隣のリビングの床で寝てた

 

ジャスパーのハウスの中で少し苦しそうに呼吸

ベッドとクレートを行ったりきたり落ち着かない

 

病院に連れて行く時のコロコロキャリーを出したら

キャリーの中に移動した

 

IMG_3958.jpg

キャリーから出てふらついてるがおすわりもできてた

(↑この写真が起きてる状態最後の写真になった)

 

主人の足元まで行って横になったり

私のもとにも歩いてこれた

 

主人が水をあげたら一口だが飲んだそう

それを聞いてご飯も食べるかもと思い

フリーズドライをふやかした物をあげてみるが

よだれと一緒に出てきてしまう…

 

この日も朝一で病院へ連れて行く

昨日の夜は立てなかったが立てるルチルを見て先生も

立ててるね!って驚いた

午前中から点滴してお昼に血液検査して

大丈夫なら明日MRI受けれる、ぎりぎりのラインだったら

その時は私達の判断で受けるか受けないか決めてもらうと言われた。

 

この時量った体重は3.3キロ

12日前の6月6日の時は3.8キロだからかなり減っていた

 

病院に預けるときのルチルは舌をチロっと出していてボーっとしてる感じでした

点滴したら状態もよくなると信じてたから

ルチルまたあとでね~って軽い感じでバイバイした

 

お迎えは夕方だから自宅に戻る、

寝不足気味なので横になるが寝れなかった

 

MRIで麻酔の危険について夫婦で話もした

麻酔で命の危険がある状態でもMRI受けされるか…

答えは出ず…

 

お昼過ぎても連絡ないので、血液検査問題なかったのかもね~なんて主人と安心した

 

15時頃、主人のケータイに連絡がくる

ルチルがけいれん起こしてるからすぐ来てくれというのであわてて病院へ

 

15時10分、病院に着いてルチルに会ったらけいれんはしてなくて、ぐっすり寝てるように見えた

ルチルの手を握りルチル起きてよ!と声をかける

 

201606018IMG_4081.jpg
(主人がいつのまにか撮ってた写真)

 

呼吸は荒いけど、気持ち良く寝てるように見えたんです

なのに先生は意識がなくて戻らないかもと言う

このまま連れて帰りますか?と言われるが

どうにか助けてほしいからなんとかしてとお願いした

 

ステロイドの注射をすれば可能性はあるが危険もあると説明された

回復の期待にかけてステロイドをお願いした

 

私はまだルチルが命が危ないなんて信じてなくて

ステロイドが効いて回復することを信じてた

 

15時30分頃、先生にお任せし、一度自宅へ戻る事に

主人はルチルの状態を見てからぼろぼろ泣いていた

私は主人にルチルは死んでないんだよ!なんで泣くの!と怒った

 

自宅に着いて、座る間もなく主人のケータイが鳴った

病院からで、ルチルがまたけいれん起こし命の危険が!という連絡

 

またすぐに病院へ駆けつけた。

診察室に案内され看護士さんがルチルを抱っこして連れてきた

目をくりくりさせてるから起きてるもんだと思って

ルチルどした!?って声かけたら、看護士さんが もう亡くなってます…と言う

 

意味がわからなかった

なんで!!なんで!?どういうこと??

本当になんで??って言葉しか出てこない

 

横たわるルチルはまだ暖かくて、おやつ食べる?って聞いたら飛び起きそうな感じ…

 

私達が帰って注射の準備してたらけいれんがはじまってしまい

蘇生をこころみたがダメだったそう…

 

結局ルチルの病名も死因も不明

 

剖検すれば判明するらしいが、今さら原因がわかってもルチルは生き返らないし

体を傷つけたくなかったので断った。

 

6月6日の足の異変が起こるまで、ルチルは一度もてんかん発作などありません

目も揺れるとかも一度もなかった…

病院でけいれんがあったと言われたが私達は1度もけいれんしてるルチルを見てないです

 

嘔吐も14日にあったきりだし、5月に健康診断で血液検査してるが特に心配する所もなかった

ただ一つ膝の関節だけは幼いころからゆるいと言われた

 

脳神経があやしいと診断されてから4日後、あまりにも早すぎる死でした。

すぐにMRI受けさせます!と言ってたとしても土日希望してただろうし

あの時こうしてれば!とか考えないようにしてます。

 

脳の疾患はなかなか判断が難しいらしいです、病名がわかっても治せない病気もあります。

 

ルチルは異変が起きてからは、あれ~何か変だな?ってとまどってる感じはあったけど

悲鳴や泣いたり吠えたり震えたりは全然なかった。

 

ルチルは苦しむことなく逝けたのかな?

助ける事が出来なくて本当にゴメンね

変な病気が見つかっても一緒に頑張ろうと思ってたのに・・・

寝たきりでもいいからもっとずっと一緒にいたかった

 

ルチルは私達に介護の苦労も看護の苦労もお金の苦労もかけないまま逝ってしまった

 

私は調子悪いルチルに頑張れ!とは1度も言いませんでした

インスタで繋がってるお友達がたくさん頑張れって応援してくれてたから

頑張れは十分伝わってるかなって思い

頑張れじゃなく、大丈夫だよ!と言い続けました。

すぐ治る大丈夫大丈夫!って…

母ちゃんが頑張れ!って言ってたらもうちょっと頑張れた?

 

ルチルとの別れは10年以上あとだと思っていたのになぁ

まだ6歳、あと2カ月で7歳

7歳になったらドッグドッグ?わんにゃんドッグっていうのを受けさせる予定だった、

 

いつか別れが来るのを承知で家族になったけど私達に心の準備をさせないまま、

あまりにも早すぎる別れでした。

 

2016年6月18日 

15時40分頃 ルチル 永眠 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

その後の異変⑤

 

2016年6月17日(金)

 

MRI、CTをすすめられてから3日後

もう悩んでる場合じゃなかった。

 

朝一病院へ、またルチルのよだれが大量に出る、

先生に6月6日からの毎日のルチルの様子のメモを渡した、

先生が膀胱押したらオシッコが出た。

 

でも石とかあったら危険なのでレントゲンを撮る

内臓はどこも異常なし、骨も確認してもらうが変な所はない

 

オシッコは尿管にチューブをさして抜いてもらった

うんちはそんなに溜まってないから出なくても問題なし

 

熱は39度ちょっと、いつもよりやや高いくらい

 

MRIは6月19日に予約取れる、

 

その前にレントゲンと血液検査をしておく必要があるので

さっそく血液検査。

 

待合室で待ってると看護士さんから「血液検査で異常値が出てるのでもう少しお待ちください」と言われた…

 

少しして診察室に呼ばれる

なんかHCTヘトマクリットっていうのが見た事ないくらいの数値らしい…

正常値が37~55のところルチルは81.9%

貧血の逆で血が濃すぎる??

 

WBC総白血球、RBC赤血球、HGBヘモグロビンも正常値よりかなりオーバー

PLT血小板は正常値。

 

BUN尿素窒素,TP総たんぱく質、TBIL総ビリルビン、ALPアルカリフォスファターゼ

CRP炎症マーカー、Naナトリウム、Kカリウム、Clクロール

↑が正常値よりオーバーしてる。

 

簡単に言うとかなりの脱水とどこかで炎症が起きているという事。

 

この状態だと麻酔は危険でMRI受けれないらしい…

 

とにかく点滴して改善がみられるかどうか

脳の脱水状態がひどいので点滴はゆっくり入れますとのことで

夜まで病院に預けることになった。

 

1度自宅に戻り、ジャスパーをハウスから出すと

ジャスパーは私のもとには来ずルチルを探してる

ルチルのハウス、玄関、寝室、いない事に気づくと聞いた事ない声で泣いたんです(>_<)

 

辛いけどルチルのお迎えは夜なので私は仕事へ行きました。

 

19時ルチルを迎えにいく

元気になってるルチルを想像していたけど

連れてこられたルチルは意識朦朧して立てない状態

 

点滴中にけいれんが起きたそう、家でけいれん起きたら絶対に夜間の病院に行ってくださいと言われた。

あと右目はもう見えてないかもと言われる…

血液は少しだけ数値下がるがまだこの状態だと無理。

 

お水飲めるか心配してたら皮下点滴で水分入れる事もできるとのことでお願いした。

ルチルの背中が水分で水枕のようにタプタプになる。

徐々に浸透するらしい

 

翌日も点滴して昼に血液検査して、数値が改善されればMRI受けれる

 

 

IMG_3955.jpg

家に帰ってきてもまったく立てない状態

 

何かあってもすぐ病院に行けるように準備をして

夜けいれん起きたらすぐに気づくようにルチルの真横に布団を敷いた

 

ルチルが呼吸が苦しそうにずっとはぁはぁしてる

全然寝れないみたい、夜中おしっこの匂いがしたので見てみると

体の下に敷いてあったトイレシートに大量におしっこがしてあった。

 

背中のタプタプも無くなっていた、

体に水分が行きわたったし、オシッコもでて良かった。

 

オシッコ出したあとは少し楽になってる感じがした。

 

つづく…

 

その後の異変④

 

2016年6月16日(木)

 

早朝、ベッドにドスンと軽い衝撃があり目が覚めた。

見るとルチルが旦那に寄り添って寝てる。(旦那は気付かず寝てました)

ふらふらしてるのによくベッドに乗れたなーってびっくりしたけど

危ないので抱っこして下ろしました。

でもすぐ乗ろうとして、ダメだよ!って言い聞かせた。

悲しそうな顔したがわかってくれて自分のベッドで寝てくれた。

 

後から考えたら、ルチルは大好きな旦那と寄り添って寝たくて

力を振り絞ってようやくベッドに乗ったのかも…

それをわからずごめんね…

 

IMG_3944.jpg

この日はすごいよだれが出るようになる、

よだれでおて手がびちゃびちゃに!!

水もご飯も拒否

病院が休みの日なので別の病院に行こうか迷っていたらよだれが減ってきたので

様子見ることにした。

 

排泄もしてないから昨日と同じように外に連れて行く。

少し雨が降ってるせいか地面に下ろすとしっぽも下げ動こうとしなかった

いくらうながしてもする気配がないので家に戻りました。

 

とりあえず水飲んで欲しくて脱脂綿湿らせてお口に当てると、思いっ切り顔そむけた

 

シリンジがあれば良かったけどうちにはなくて、ストローがあったので

ほんの少し水を吸い舌の上に垂らしたらごくんと飲んでくれた!!

また拒否し始めたので、私が口を開かせ、旦那がストローで水を垂らす係で

どうにか水分は取らせる事に成功。

水を飲ませてむせる事もなかった。

 

昨日喜んで食べた馬肉のレトルト、今日は興味無し

口に入れてもペッて出す。

 

今まで凄い食いつきのいいおやつなど色々ためすがどれもダメ。

 

以前試供品でもらったチーズジュレがあり上あごに塗ったらペロッと飲みこんだ!

とりあえず1本飲みこむ事ができた!

 

なんかこの日だけでルチルがいっきに10歳くらい老けた感じがした。

 

首のあたりや手を触ろうとすると嫌がった、体がいつもより熱っぽい

顔がひきつりよだれが出る。

目は揺れてないがやたら瞳が黒い気がした。(暗いから?)

キャリーバッグから出て来ようとしない。

 

MRI,脳神経、色々調べると2つ気になる病院を見つけた。

両方ともホームドクターの紹介がないと診てもらえないとこだった…

 

とにかく明日朝一で病院行ってMRIの予約お願いしよう!と決断。

(MRIもホームドクターが予約しないといけないんです) 

 

つづく…

 

 

 

その後の異変③

 

2016年6月15日(水)

 

IMG_3927.jpg
6月12日の写真↑

 

夜食欲がなくいつものフードを食べようとしない、

ご飯には近づくがふらふらして匂いを嗅ぐだけ。

うまくバランスが取れずお水も飲みにくそうなので皿を持って補助したら飲んだ。

 

カリカリのフードは手であげようとしても食べようとせず

馬肉のレトルトをあげてみたら、目を見開いて食べ始めた!

量は少なかったけどいい食べっぷりだった。

 

この日ルチルが排泄した形跡がなかったのでトイレに連れて行きうながすがしようとしない。

 

旦那がネットで調べると運動不足とかでしない事あるらしいよと言うので

外歩かせたらするかもね!って、22時前頃外に連れ出しました。

 

外歩かせてすぐオシッコしてくれた(暗かったけど懐中電灯で照らし色確認したがやや濃い位)

もう少し歩かせてみたら良いウンチもしてくれた!

電信柱の匂い嗅いだりマーキングしたりしたので一安心した。

 

つづく…

その後の異変②

昨日は初七日でした
IMG_4039.jpg

去年の秋頃からインスタグラムをやっているんですが、そっちではルチルの異変が出始めた動画のせてます。


2016年6月13日(月)
空気清浄機のところに誰かがオシッコ。
今までは無い事。トイレはすぐそこなのに…
うんちは普通の硬さの出るようになる。
ルチルの首が傾斜し始めた、座っていても揺れてる
歩いてもよたよたしてしまう。
痛すぎてそうなるのか?何か違う気がすると思いネットで色々調べた。

前庭疾患の犬の動画を見たら症状が似ていた

首の傾斜
体のバランスがとれない

2つはあてはまるが

目が揺れる(目振)というのは何度見てもならなかった。

食欲もあった。

6月14日(火)
やっぱり体が揺れている、仕事から帰ってすぐ病院へ連れて行った。
こういう症状が出始めたと動画を見せたら、脳神経に異状があるかも・・・と
脳はMRI、CTなどで調べないとはっきりした原因がわからないからと
MRI,CTを撮れるキャミックを紹介された。
MRIは麻酔しないとできません、麻酔も心配だし10万近くかかるのですぐにやります!とは言えず、
とりあえず前回とは別の抗炎症剤と抗生物質を出してもらい帰った。

なぜか耳をキレイにすればこの変な症状が治まるかと思ってしまった私は
夜、ルチルの耳掃除をしてしまった…(液を入れてブルブルさせてコットンでふき取る)

フロントラインでも大暴れするルチルはこれも苦手で、手入れが終わったあと大暴走、
クッションほりほりしたり、耳こすりつけたり…ついでにクッションに少しおもらしもした。
こんな激しく嫌がる事をなんでしてしまったのかと後悔しました。

機嫌が悪かったけど、ご飯は手であげたら結構食いついて食べてくれた。

薬もチーズに入れて飲ませた。

23時過ぎ、寝ようと電気を消したらルチルが嘔吐、
夜食べたご飯、チーズがそのまま出た。
意識も普通にあり、気持ち悪そうにもしてなかった。
その後普通に寝てくれた。

つづく…



プロフィール

みねごん

Author:みねごん
るちじゃすの母ちゃん。
めんどくさがりのダメ嫁。

☆ルチル☆ 
パピヨン(白茶)
2009年8月14日生まれ♂
2016年6月18日 永眠
マダムパピヨン出身
パパはのん太クン、ママはスミちゃん
人、わんちゃん大好き!けどびびり・・・
優しいお兄ちゃんです。

☆ジャスパー☆ 
パピヨン(トライ)
2010年5月21日生まれ♂ 
マダムパピヨン出身
パパはのん太くん、ママは種ちゃん
外では大人しいけど家では小悪魔。
2011年春、両手骨折し5回も手術し2012年2月完治しました。

☆タケちゃん☆
るちじゃすの父ちゃん。
みねごんの旦那。
ルチルに異常に愛されてる。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
8248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

4364位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。